いわふねダンスシアターは1987年に穏やかで豊かな空気に恵まれた栃木県岩舟町誕生した舞台芸術空間です。創業時は「舞踊&劇的空間」をコンセプトに、日々のダンスクラスやワークショップ、ゲストも交えての「いわふねダンスシアター100人劇場」と題したスタジオパフォーマンス等も開催してまいりました。  30年の時を経て、この岩舟の町で豊かな新しい芸術が生まれる手助けをし続けたい。 舞台芸術が特別なものから、身近な日常へ、そして何より健康な体を目指すお手伝いとしてこのアートスペースに足を運んでいただけたらと思います。  当スタジオでは様々なカルチャークラスがあります。身体と脳を動かす事は、筋力向上・体質改善・シェイプアップ・アンチエイジング・脳のトレーニング様々な事が期待できます。それぞれのスタイルに合わせて講師がしっかりとサポートします。継続することで自分の身体の新たな可能性を発見できます。  クラスはキッズからシニアまで、一人一人のスタイルや性格、個性に合わせて講師陣がしっかりとサポートし、満足し納得のいくクラスを提供します。

1987年から現在まで、いわふねダンスシアターは様々な取り組みやパフォーマンスに携わって参りました。 当スタジオに照明や舞台セットを用い劇場としてスタジオパフォーマンスを開催。主宰高橋良江脚本・演出戯曲「おこんじょうるり」やシルク・ド・ソレイユの現メンバーを講師として招いたワークショップ、そして一夜限りのスペシャルコラボ「いわふねダンスシアタークリスマスコンサート」も実現。世界で活躍するタップダンサーやヒップホップ・バレエ・コンテンポラリーダンサーの特別WSも開催されました。 活動はスタジオ内のみならず、岩舟町にあるいわふねコスモスホールで上演された市民ミュージカル「慈覚大師円仁」「上條恒彦コンサート」「Iwafune〜ここは私のアルカディア」「忘れがたきふるさと 岩舟」からはダンス講師・講師助手として当スタジオのブランショ綾・町田有紀・高橋真帆がダンス講師を務め、スタジオ生徒も多数参加しました。 発表会や文化祭、スタジオパフォーマンスなど、クラスでの成果の発表の場もあります。 舞台芸術がそばにあることはとても素敵なことです。いわふねダンスシアターはこのとちぎの地にて、健康や芸術の様々な面を多くの方々と共有できたら幸いに思います。